【ぽかぽかした金曜の昼はシャワーを】

朝日と共に訪れる奇跡は侮れない
TOP PAGE >

無我夢中で踊るあの人とよく冷えたビール

ここ最近まで少しも存在を知らなかったが、プールに入っても大丈夫なオムツというものがあった。
都市部では、水遊び用オムツを着けて入れる所と入れない所があるとのことだ。
疑い無く、他人からしたら、特殊なオムツでも大便などふくまっているオムツで入られたら、気持ち悪いだろう。
それでも、子供の親だったら、入れてあげたいという気持ちもある。
なのだけれど、立場が逆だとしたらめっちゃいやだ。

喜んで口笛を吹く君と花粉症
人間の大半は水分だという研究もありますので、水の摂取は人類の重要点です。
水分摂取を怠ることなく、一人一人が健康で楽しい季節を過ごしたいですね。
輝く強い日差しの中より蝉の鳴き声が耳に届くこの時期、普段はそこまで外出しないという方も外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策に関して気になる方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌の手入れは秋に出るという位なので、やはり気にかけてしまう部分ですね。
やはり、すべての方が気を使っているのが水分摂取についてです。
ましてや、いつも水の飲みすぎは、あまり良くないものの、夏の時期ばかりはちょっと例外かもしれません。
なぜなら、たくさん汗をかいて、知らない間に水分が抜けていくからです。
外出した時の自分自身の具合も関わってきます。
思いがけず、自身が気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
暑さ真っ只中の水分補給は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
ちょっと外へ出る時も、小さなものでオッケーなので、水筒があればとっても経済的です。
人間の大半は水分だという研究もありますので、水の摂取は人類の重要点です。
水分摂取を怠ることなく、一人一人が健康で楽しい季節を過ごしたいですね。

どしゃ降りの週末の日没に目を閉じて

気乗りがしなかったけれど、筋トレくらいちょびっとでもしなくてはと此の程考える。
仕事内容が変化したからか、近頃、走ることがめっちゃ減り、体脂肪がすごく増した。
そして、30歳になったのも関係しているかもしれないが、横腹に脂肪がついていて、とっても見苦しい。
少しは、頑張らないと。

気どりながら口笛を吹くあの子と暑い日差し
何でも一つの趣味を、長くコツコツ続けている人に憧れる。
ダイビングでも、油絵だったり、どんなに小さな習慣でも。
例年通り一回、幼馴染の仲間と、あの温泉旅館に宿泊する!でも良いと考える。
どんなことでも地道に続けると必ず実用まで到達することがあるかもしれない。
思い返せば、3歳のころにピアノと編み物とを学習していたが、また学習したいな。
こう感じるのは、空き部屋のの隅に母にプレゼントされたピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いつかもう一回学びたいと目的がある。

ぽかぽかした仏滅の明け方に歩いてみる

台湾出身のビビアン・スーは、綺麗で賢い人だと思う。
年が30代後半なんて、全然信じることが出来ない。
昔の話だけれど、今でも覚えているのが、ビビアン・スーが、アメリカ人からのインタビューにアンサーしていた姿。
ちょうど学び始めたばかりのようだったけれど非常に熱心だった。
今頃英語も日本語も、すでに話せるだろうとみている。
ビビアンの驚くべき魅力は目を見張る位深い。

雹が降った休日の日没に立ちっぱなしで
先日、麻衣子と明日香とツアーに行ってきました。
明日香と麻衣子は、私の専門学校の同級生で、一緒に学んだクラスメイトです。
しかも、学んでいたのが旅行業と、観光英語だったので、観光が、趣味だという学生たちであふれていました。
とくに、明日香と麻衣子を含む仲のいい6人でさまざまな地へ宿泊した思い出は懐かしい。
私は元々そんなに友人が多い方でもないし、それで十分だと思っています。
なので、素直にうれしかったけれど、隣で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのもポイントでした。

天気の良い祝日の午後に微笑んで

会社で働いていた時の先輩は、社長の娘で、どう考えてもセレブだった。
小さくて素直でとにかく元気な、動物好きの先輩。
動物愛護団体など立ち上げて、頑張ってキャンペーンをしている様子。
毛皮反対、ベジタリアン、動物実験取りやめ賛成。
知り合ってすぐに、ご実家に訪れたことがある。
高級住宅地にあるマンションの最上階で、東京タワーが見下ろせる場所。
その先輩、手入れの行き届いた清潔な猫ちゃんと仲良しだった。

具合悪そうに大声を出す君と私
待ち合わせの時間つぶしに、アンパンマンミュージアムに入館して以来、芸術鑑賞に虜にされている。
驚いたのは、一人でじっくり観賞しに来ている方もいたこと。
それからは私も、一人でも行けるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、期間限定の展示が非常になのでわたしも、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、催し物がとてもあの有名な横須賀美術館には、大好きな谷内六郎の作品がたくさんある。
その方は、有名な週刊新潮の表紙を描いた作家さんだ。
それ以外でも、江戸村の近くにある、竹久夢二美術館で大量のカードを買った思い出も。
そんな感じで、美術館には日頃から有意義な時を貰っている。

汗をたらして踊るあの人と草原

セミも鳴かなくなった夏の夜。
少年は縁側に座り、西瓜をかじっていた。
かじってはスイカのタネを外に向けて吐いていると、ときどきタネが遠くまで飛ばず、自分の体に落ちる時もあった。
横に置いている蚊取り線香の匂いと、扇風機を浴びる暑い夜、それから口に広がるスイカの味。
少年はそれらを感じながら、明日はどんなことして遊ぼうか、と思っていた。

前のめりで自転車をこぐ兄さんと俺
急速にネットが普及することは、幼かった私は全く想像できていなかった。
品物を売る商売の人はこれから競争が激化するのではないかと考える。
パソコンを活用し、できるだけ安い物をを発見することが不可能ではないから。
競争が激しくなったところで、最近よく見れるようになったのが起業セミナーや商材販売だ。
現在は、成功するための手段が売れるようにな時代で、何が何だかピンとこない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

サイト内カテゴリ

ただいまの時刻


サイト内カテゴリ


例えば、地球に初めて来たエイリアンに「ラーメン」のことを説明するなら、どんなふうに説明する?「画家」の雰囲気とか、いや、まず地球や世界の説明からする?

Copyright (C) 2015 朝日と共に訪れる奇跡は侮れない All Rights Reserved.

ページの先頭へ