【気どりながらダンスする妹とファミレス】

朝日と共に訪れる奇跡は侮れない
TOP PAGE >

のめり込んで叫ぶ先生と壊れた自動販売機

だいたいは、できるだけシンプルなファッションが好きな私は、もちろんビビられるけど。
下着や化粧品やヘアーアクセサリーまで勢ぞろいで、全部固めたいと思えば節約生活になりそうだ。
なんとしても、ジルスチュアートは夢中になってしまう何かがある。

控え目に口笛を吹く友達とぬるいビール
友人の知佳子の彼であるSさんが経営する物産会社で、朝食用に和歌山の工場で作った梅干しをお願いしている。
酔っぱらうと電話をかけてくるSさんが可愛がっている社内SEのEくんは、ぜんぜん会話がかみ合わない。
ノンアルコールの時のE君は、結構なあがり症らしくそう多くは話してくれない。
そんな感じで、私はEくんとじゅうぶんに会話をしたことがない。

風の無い週末の夜明けは友人と

今更ながら、任天堂DSに熱中している。
はじめは、英検対策にもっと英語漬けや英語関係のソフトを中心にしていただけだった。
だけど、ベスト電器でソフトを選んでいたら英語関係以外もついつい見てしまい、いつも購入してしまう。
絵心講座や、リズム天国、桃太郎電鉄など。
旅行に役立つ、トラベルシリーズも売れているらしい。
例えば、電車内などのちょっとした空き時間には活用できそうだ。

そよ風の吹く週末の深夜に椅子に座る
興味はあっても行ったことはない、だが、夜の動物園は、夜行性の動物がとても動いていて見ておもしろいらしい。
けっこう前から興味あったけれど、日が暮れての動物園は行ったことがないけれど、娘がもう少しだけ夜もおきていれるようになったら見に行ってみようと思っている。
もうちょっと楽しめるようになったら、間違いなく、娘も笑ってくれるだろうから。
昼間の動物園と違う景色を俺も妻も興味があって味わってみたい。

勢いで踊る姉妹と横殴りの雪

少し前、コンディションが悪いのに、食事と、眠りの具合が変だったので、吹き出物が多かった。
マズいと思って、生活リズムを健康的にし、健康に良い事をしようと周りの意見を聞いた。
根強く勧められたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
今に至るまで毎晩飲んでいる。
あのレモンよりもCがたっぷり摂れるとの事だ。
体調と美肌は結局果物から形成されるのかもしれない。

目を閉じてお喋りする友達と俺
なぜかただの布は金額がする。
自分の子供が園にもう少しで行くので、きんちゃく袋のようなものがいるのでありながら、どういうわけかただの布が金額がいった。
ひときわ、固有のキャラクターものの仕立てるために必要な布なんて、とっても金額がいった。
幼児向けのキャラクターものの縫物の為の生地がとても高かった。
園から指定されたサイズの布製の袋を買った方が手っ取り早いし、面倒が無いだけれど、へんぴな所なので、園で必要な袋はみんな、母親が縫ったものだし、周りに売っていない。

気分良く自転車をこぐ兄さんと俺

挨拶用で何着か少しだけスーツに似合うシャツを所持しているけれど、いつも購入するときに多く試しに着てみる。
それくらい、ワイシャツに厳しいのも変わっているかと感じていた。
しかしながら、仕事先で、Yシャツはオーダーメイドしてもらうと言っていた方がいらっしゃったので、驚いた。
もちろん、ワイシャツひとつでかっこよく見えるからかな、と思った。

ゆったりと跳ねるあなたと月夜
チカコの住まいのベランダにて成長しているトマトは、気の毒なトマトかもしれない。
枯れる直前まで水分をあげなかったり、ワクワクしながらコーヒーを与えてみたり、野菜ジュースを与えたり。
泥酔の私たちに、ビールを与えられたこともあり。
育ての親である彼女は、こんど好奇心でトマトジュースを飲ませたいらしい。
興味津々でトマトの心は完全に無視。

寒い大安の午前は立ちっぱなしで

ここ何年か、小説をぜんぜん読まなくなった。
学生の時は、毎日読んでいたけれど、このごろ、仕事が忙しいし、小説を読む時間をとりにくい。
もし時間があったとしても、ゆったりとした気持ちで好きな小説をじっくり読むという気持ちになかなかなりにくいので、読んでいたとしても楽しく感じにくい。
けれど、かなりはまってしまう小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説が好きなので、お二人が新人賞をとった群像文学新人賞が自分の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次の世代の輝いている新人がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
だけれど、純文学だからと無理やり分かりにくい単語を使っているけれど内容が伝わりにくいものも多いからさびしい。

天気の良い週末の昼に目を閉じて
健診は、例年どこかしら引っかかる。
心音だったり、血液検査だったり、尿だったり。
胃のレントゲンをバリウムを飲み干して受けてみて、結果を受け取ると、がんの疑いがあるので、大至急、胃カメラを下記の病院にて受けてください。
と書きつけてあったのには、あせった。
あせったというより、むしろおそろしかった。
早急に人に聞いた病院に胃の再検査に行ったら、結局、胃炎だった。
胃はすでにうずいていたので、健康診断に引っ掛かったのはわかるが、文面で私の名前と胃がんの疑義があると記されてあったら怖かった。

サイト内カテゴリ

ただいまの時刻


サイト内カテゴリ


「娘」のこと、どのように感じているかな。「スープカレー」って、普段ではどう思われているのかな?別に真剣に考えるわけじゃないんだけどね。

Copyright (C) 2015 朝日と共に訪れる奇跡は侮れない All Rights Reserved.

ページの先頭へ