【曇っている水曜の早朝はこっそりと】

朝日と共に訪れる奇跡は侮れない
TOP PAGE >

よく晴れた水曜の晩に目を閉じて

今日は、1ヶ月半ぶりに雨が降った。
アジ釣りの約束を息子としていたが、雷まで鳴ってきたので、さすがに危険で行けそうにない。
気がついたら、雨がやんだので、やっぱり行ってみるということになったのだが、釣りに行くための準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んだことにより釣り場に来ていた釣り人が、あせって釣り道具を片づけていた。
えさを買ってとかして用意していたのにもったいなかった。
天気のよい休みにと言って道具をしまった。
明々後日からは雨じゃないそうだ。
その時は、次こそ予定を立てて行ってみる。

前のめりで大声を出す弟と冷めた夕飯
「夕飯はカレーよ。」
少年は母親が言ったその言葉を耳にして、無意識にニッコリ笑った。
少年は学校から帰って、ソファーに寝転がってテレビを見ていたところだった。
今日は西日が強い。
網戸の窓では風鈴がときどき鳴っていた。
テレビのアニメチャンネルでは、かつてのなつかしアニメを放映していた。
今日の放送は「一休さん」だ。
こんなにも頭の回転の速い少年が今いたら、テストなんてちょちょいのちょいなんだろうな、と少年は思っていた。
しかし、コトコト煮える鍋からカレーの匂いがにおって来たとき、少年はテレビのことは思考から消えていた。

雨が上がった平日の昼にひっそりと

今よりもものすごくデブだった時代に、毎日食べたくなったのがシュガートーストだ。
酷い時は、夜ごはんの後に4枚くらい食べていた記憶もある。
さらに同じ時期に、ポテトサラダに取りつかれてしまい肥満の道へまっしぐらだった私。
試みた痩せる方法が変わったものばかりだ。
例えば、スープダイエット。
これは2週間程おんなじスープだけで生きる食事だ。
仕事場にまで水筒に作って持ち運んだという徹底さ。
その次はこんにゃくを夕飯に置き換えるという痩身法。
これらは、今の自分には無理。
その後、半年ほどで食事を気にするようになると、気が付くと元に戻った。
とにかくコツコツとやるのが一番。

雲の無い木曜の夜にひっそりと
旅に行きたくてどうしようもなかった場所、と言うのは真鶴半島だ。
この場所を知ったのは「真鶴」という題の川上弘美の小説。
いろんな解釈があり、自分の未完成な感覚では、いまだに理解はできていないと思う。
しかし、表される真鶴地方の雰囲気が好きで、まだ見ぬ地に憧れを抱いていた。
静岡県熱海市と、神奈川県との真ん中に位置する所が真鶴半島。
その突端が真鶴岬。
岬の先、海面から見えているのは三ツ石という石が3つ。
真ん中の石の上には鳥居としめ縄があって海水が引くと歩いてたどり着ける。
思いかなって、本物の風景を見ることができた。
私の一眼レフの中には、この景色がいっぱい。
小さな宿のおばさんにここに住みたいと話すと喜んでくれた。

目を閉じて歌う妹と枯れた森

昔の時、株の取引に関心をいだいていて、買おうかと考えてたことがあるけれど、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードにも興味があったのだけれども、しかし、汗水たらして稼いでためた貯蓄が簡単になくなるのも恐怖で、購入できなかった。
楽天証券に口座は開いて、銀行口座から動かして入れて、パソコンのエンター一つ押すだけで買えるように準備したけれど、恐怖で買えなかった。
せいいっぱい、働いてためたお金だから、金持ちの人から見たら少ないお金でも大きく減ってしまうのは怖い。
けれども一回くらいは買ってみたい。

騒がしく話す先生とあられ雲
寝る前に、500のビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近、その後にワインを飲んでしまう。
もちろん、その後に誰かと会うような仕事がない時に限るけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、マンションの近くでワインショップを見つけて、父の日のために買ったことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円くらいの高級ワインを探しています」などと話して。
父に贈った、そのワインが1万円ほどしたことを耐え切れずに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他には何もいう事は、ないようだった。
以来、私はあまりワインの値段にはこだわらなくなった。
あー幸せだと思えるお酒だったら、お金や質にはこだわらないと決めた。

自信を持って叫ぶ彼女と霧

明日香は、高校を卒業してすぐ親しくなった親友だ。
彼女の良い部分は、たいていの事は見逃すし、小さなことは、どうでもいいという寛大さ。
私から仲良くなりたいと話かけたそうだが、記憶にないけど、そうだと思う。
話すと、ほとんどの事がシンプルになるので、とっても心が軽くなる。
シャープでスキニーなのに夜、おなかがすいてファミレスでステーキを食べに行ったりするという。

風の強い仏滅の夜は読書を
近くのスーパーマーケットで買い出しをしていた。
冷食のコーナーで、ブルーベリーをさがしていた。
すると、韓国語で書いてある商品を発見した。
良く見ると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
昨年、韓国まで向かった時に、幾度となく韓国に旅行している友達にごり押しされたのがトッポギ。
日本で冷食として、あのトッポギが購入できるなんて、びっくりだった。

控え目に泳ぐ友達と僕

ネットでニュースを見るけれど、紙の媒体を見るのもけっこう好きだった。
今は、無料で閲覧できるネットニュースがたくさんあるから、新聞はお金がかかりもったいなくて買わなくなった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが少しの時間で多くの量の内容を得ることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすい点はある。
一般的なニュースから関連した深いところまで調べやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目につくけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、米国の債務不履行になるかもという話が気になる。
なるわけないと思っていても、仮にそうなったら、他の国も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

前のめりでお喋りする姉ちゃんと月夜
息子の3歳の誕生日が近いので、誕生日プレゼントをどんなものにするかを考えている。
妻と話し合って、体で遊ぶアスレチック系か頭を使うものか洋服や靴などにするかを決めようとしている。
考えるがなかなか決まらないので、実物を見に行って決めることにしたけど、これだというものがなかった。
けど、子供に触らせてみたら、すぐに決まった。
ジャングルジムに一生懸命になったので、それに決めた。
ただ、今住んでいる家が小さいので、一番小さなコンパクトなものに決定した。
販売価格が、わりとリーズナブルだったので、助かった。

サイト内カテゴリ

ただいまの時刻


サイト内カテゴリ


ねえみんな、「親友」のことを考えてみよう。さほど難しい事って無い気がするんだ、「奇跡」の特徴とかはね。

Copyright (C) 2015 朝日と共に訪れる奇跡は侮れない All Rights Reserved.

ページの先頭へ